世界のリート(不動産投資信託)を始めるリンク集

広告

 

1. やはり手数料と信託報酬の安いファンドを

 投資信託選びの大鉄則は、「販売(購入)手数料」「信託報酬」の安いファンドを選ぶことです。
 販売手数料が無料(ノーロード)の投資信託も数個存在しています。敢えて、販売手数料が無料のもの以外のものを購入しようという方は、なぜそれを選択するのかよく考えてみて下さい。同じファンドでも、販売会社ごとに販売手数料が異なるという場合も多いですので、できるだけ安い所を見つけてましょう。
 また、信託報酬は、その額その額を、毎年引かれるわけですから、1%から3%という額は、かなり大きいです。(1%でも10年保有し続けるとすると、10%になります)。
 たとえば、
   「(野村)グローバルREITオープン」は年率1.4175%(税抜1.35%)    「DIAM ワールド・リート・インカム(毎月決算)」は年率1.659%(税抜1.58%)にものぼっています。
 一方で信託報酬が1%未満のファンドも存在します。

 当サイトでは、主要ファンドの手数料・信託報酬額を一覧表にしております。
 ご参考にして下さい。

2. 各REITファンドによって、国別配分比率はまちまちです。

 グローバルな形でREITに投資するファンドには、多くの種類があります。
 その中では、既にこのページ(国別配分比率)に表の形で書いていますように、どの国のREITにどれだけ投資するのかという、国別の配分割合はかなりまちまちです。
 この表を見てもらえば分かりますように「アメリカREIT」にかなりの割合投資するファンドもあれば、ほどよく各国に分散しているファンドもあります。自分なりに、どういった配分の仕方が適切だろうかと考えてみてください。

 たとえば、投資対象とする地域を分散してリスクを低くするという観点を重視すると、やはり出来るだけ多くの国のREITに投資先が散らばっていた方がいいといえます。
 逆に、アメリカのREITというのは、他の国より長い歴史があり、しかも経済大国なので、他の国のREITよりも信用できるかも...と考える方はアメリカのREITが多めに含まれているのを買うという判断がありうるかもしれません。
 そこは、自分の好みになってくると思います。

3. 直近の利回りだけで、ファンドを比較しない。

 ファンドを比較して選ぶ際には、各ファンドの直近の利回り(や収益結果)にどうしても目がいってしまいがちです。
 しかし、それらを単純比較して、ファンドの優劣を考えてはダメです。
 たとえば、ある年度に、アメリカREITが好調で、オーストラリアREITが不調だった場合には、直近の利回りは、アメリカの配分比率が高いファンドの方が、その時期だけは当然よい結果が出ることになります。しかしだからといって翌年もそうなるとは限りません。

 「Aというファンドが去年いい結果を出していたのは、甲という国に偏重して投資していたから」「Bというファンドが去年あまりいい結果でなかったのは、甲という国にそれほど投資していなかったから」。
 単にそこに理由があるということがよくあります。
 ここは注意が必要です。

4. 為替変動の勉強や、予測をしてみると、面白いです。

 投資信託を購入する際には、タイミングが非常に重要になります。
 それは為替が毎日かなり大きな幅で動いているからです。テレビのニュースを見ていれば、ドルと円の関係の為替を報道していますので、対ドルとの関係で「円高」「円安」ということよく耳にしますが、これにさえ関心を持っていればいいというのではありません。
 REIT投信では、投資対象として豪州欧州アジアも含まれる以上、購入する際には、ドルの相場だけではなく、ユーロとか、オーストラリアドルも大事になります。
 為替の変動を考えて、そのタイミングを狙って購入すると、利益も大きくなります。
 理想論でいえば、どの通貨との関係でも「円が強いとき」が投資信託の購入するタイミングです。  とはいえ、Yahoo!ファイナンスとかで為替をじっくりチェックしてそれを判別できるといいのですが、なかなかそういうのは素人には難しいです。

5.投資信託について、本を読んで勉強してみますか。

 下記の本を読んで、投資信託について勉強してみてください。
 ・「30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと
 ・「半値になっても儲かる『つみたて投資』
 ・「投資信託にだまされるな!
 良書を集めてみました。
 まずは、じっくり読書してみてください。 

6. 購入後は各報告書で勉強してみると、面白いです。

 信託購入後は、週次レポートとか運用報告書とかを必ずチェックしましょう。
 海外REITの情報は、日本経済新聞のような新聞媒体にもなかなか相場の情報が出てきません。したがって、投資信託の週次レポートをしっかり読んだ方が、相場の情勢が分かるといったようなこともあります。
 またそれぞれのファンドでは、また各国のREITの相場展開にしたがって国別構成比率を漸次的に変更している場合などもあり、そうした点についてのcheckもしてみると。
 毎週、毎月チェックすることで、だんだん相場観が養われるかもしれませ(=分配金がいくら出たかという点だけにとらわれることなく、レポートに載っているいろいろな情報を読んでみてください)。
 自分の保有しているファンドのレポートがあまり情報量が多くない場合は、あわせて他のファンドのレポートもチェックすることも有益です。
 

REITの矢印 サイト内移動
lastupdate
12/05/04
テーマ別のサイトマップ